スゥ・アンコ的何か。

アクセスカウンタ

zoom RSS スゥ・アンコ お見合いアピール用

<<   作成日時 : 2007/07/29 22:16  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作戦

・今まで交流すらなかったGJのメンバーの応援で気合が入っている。
・トレンチコーツの人間にも祝福を受け、更に気合が入る。
・見合いの席からの略奪行為により、もう後には引けないところにまできている。
・例え、結果がどうなろうとも自分の気持ちを偽らない。

SS、イラスト


スゥ・アンコは、慌てていた。
どれぐらい慌てているかといえば、――…神経に針金が通っている事で国でも有名なこの娘が、かなり頭がくらくらしているぐらいには慌てていた。

やった。
とうとうやっちゃった。
犯罪者確定。


チームを組んだ、というか、己の愛の為、という理由で集まってくれた、4人のメンバーのうち、一人、
――脚立が持ってきてくれたI=D、ケントのコパイロット席でひたすら頭を抱えていた。

祭りは、準備をしている時が一番楽しい、とはいうが。まさに今がその状況。
祭りが始まってしまえば――、…何処をどうなって、こんな結果になったのか、拉致に成功してしまえば、これから己はどうするべきなのかと改めて考えなければならない。
周りはアタックだ、愛の告白だ、なんて呑気にはやし立ててはくれるが……、そんな簡単な事ではない気がしてならない。

お見合いの席に殴りこみにいった時の、あの少女の顔が脳裏にちらつく。
会ったこともない、あの少女も、おそらくは己と同じ想いを抱いてあの席についた筈。
己の気持ちが少女に負けているなんて、1ミクロも思ってはいないけれど、それでも……少しだけ。罪悪感に胸をチリリと痛めた。



でもまあ仕方ない!愛の為だ!

ぐ、と垂れていた頭を上げるまでの時間。
そして、そう考えを改めるまでの時間は、たった数秒。
やはり神経は針金レベルではない、鉄筋コンクリートとかで出来上がっている所為なのかもしれない。

そう、所詮この世は弱肉強食。
もし此処であの少女への申し訳なさが勝ってしまえば、親父とコロッケを諦めなければならない事になる。
基本、お人よしが多いこの世界で、アンコの性格はかなり最悪の部類であるのだから、
人に譲る、なんてそんな行為が出来る訳がなかった。

どうしても。
どうしても、欲しいのだ。

その為に提出ページはWikiの1ページの容量が超えて2ページ目の容量すら危うい程に書き殴ったし描きまくった。

仕事で忙しかった黒崎も、短い期間であれだけの絵を出してくれた。
アンコの呼びかけでグリーンジャケットに入っただけではなく、その上、己のチームにまで入り、大量のSSを提供してくれた脚立もいる。
携帯からの参加者だというのに、電池との壮大な争いがあった双樹も応援してくれた。…電池との勝負は少し見たかった気もするが。
スゥ・アンコ妖精とかいうよくわからない身分を名乗っている朝倉も、なんだかんだで応援してくれた。
……微妙に不吉な台詞は2回、3回聞こえた気はするが、そこらへんは流すとして。

協力者はチーム内に収まる事が無かった。

己の騎士団を名乗る、歩露を初めとするメンバーは、もう一人増えれば2チームにまで及ぶほどのものだった。

比較的、以前から交流のあった黒埼を除けば、ほぼ全員が、一度か二度、会話しただけの人間か、もしくは全くの初対面の人間。
それだけの人数が、己の為に動いてくれたというのは本当に、本当に、素直に嬉しい。
基本捻じ曲がり放題の性格をした女ではあったが、その協力を素直に喜ぶだけの心は持ち合わせているつもりだ。

だから、その喜びを形で表す為にも。
己の愛を思いっきりぶつけよう。

会場を壊した事。あの少女の思いを踏みにじるような行為であるお見合いの妨害の事。親父を誘拐した事。
黒であるコロッケ屋の親父は、きっと曲がった事は嫌いだと思うから。
だから絶対、怒られるに決まっているけれど。

それは、――あんなお見合いに出る事をきめた、親父が悪いのだ。
己が落選したお見合いに出て、他の女の子と会おうとする方が悪いのだ。

だから、己は悪くない。

その言葉を繰り返しながら、すく、とコパイ席からアンコは立ち上がる。


「……――幸せはっ、たとえぶん殴ってでも掴み取るアルよ。絶対誰にも譲れないアル。
 悪役上等アルよ、……コロッケ屋の親父、ワタシの愛の威力、覚悟するヨロシ!」

そう。手作りのコロッケを入れた紙袋を、ぐ、と握り締めて上を向いて叫んだ。

「………ッ。」

同じケントに乗っていたパイロットの脚立と、コパイロットの黒崎が、余りの声の大きさに耳を押さえながら呻いていたが、
そんなものは当然、アンコには見えていないのだった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スゥ・アンコ お見合いアピール用 スゥ・アンコ的何か。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる